L1011252

 「冥想」尾崎亜美のデビュー曲だね.学生のころ,この曲のコード進行とメロディにびっくりした記憶が鮮明に残っている(彼女とはほぼ同年代.大学時代のサークルの仲間が彼女と高校が一緒だったりする).WEBで意味を調べると『目を閉じて心を静め,無心になって想念を集中させること』だそうだ.そうするとバイオリン鉋でトップのアーチを削っているときとか近い感覚かもしれない.

 木を削っている時に何を考えているかと言うと,ほとんど何も考えていないように思う.ひたすら指先に神経を集中してカリカリカリカリと削っている訳だ(実はカリカリって感じではなくシャクシャクと言う感じ). この無心の感覚が何とも言えず恍惚.これはね,やってみないとわからないよ.本当は極太のドリルビットをボール盤にセットして,ある程度の深さまで穴を掘ってから鉋で仕上げていくのが効率も良いし正確で失敗も無いんだろうけど,何も無い真っ平らな板を鉋で少しずつ凹ましたり膨らませたりする作業中の精神状態は何とも言えない.無風状態の湖面の感じ?

 ある程度削ってRが付いてきたらタップしてやると「コンコン」って響きが変わっていくのが判る.その「コンコン」が現実との唯一のインターフェース.タップして音を聞いている時のみ素面になってるということか・・・w